top of page
haruka_edited.jpg
hiroko_toryo_edited.jpg
kuni_edited.png
miya.jpg
sugano.jpg
sen.jpg
mitsu_edited.jpg
waka.jpg

ひとは異能は異能者のもの超常的な力は「鬼」のものだと思い込んでいるけれど誰もが本当は鬼」なのだ。

「鬼」たちは、世の人々にその本来の姿を思い出してもらうために、「鬼」の魂の故郷である洞川で土地の鬼の末裔たちと協働して祭りをもよおすことを思いつく。

封印を解く鍵は、漂泊の詩人・谷川俊太郎が託す言葉である。

 

―九鬼物語から―

奈良県の南東部・奥大和エリアにある天川村に位置する洞川(どろがわ)は、大峰山の麓に広がる秘境として知られています。この地は7世紀後半、山岳修行者である役行者(えんのぎょうじゃ)が開祖され、修験道の聖地として1300年の歴史を刻んでいます。洞川には役行者の従者と伝えられる鬼の夫婦、前鬼(ぜんき)と後鬼(ごき)が深い尊厳を持ち、地元の龍泉寺で厳かにその像が守護されています。特に後鬼にまつわる物語は、後鬼の子孫によって伝承され、今もなお洞川の人々の生活の中で語り継がれています。しかし、戦後の洞川地区で発生した2度の大火により、多くのものが焼失し、この土地の歴史を物語る資料などの大部分が存在せず、数々の謎に包まれたままとなっています。 「鬼」の定義について考えると、民話に登場する「鬼」は、人ならぬ化け物のキャラクターの属性が強くありますが、民俗学的には、人知を超えるもの、非日常性、異能、霊性、神性などを象徴しています。「ほかと違う単体」「アウトロー」などという意味で「鬼っ子」のようにも使われる言葉でもあり、また、人工でないものという意味合いからは、「鬼」の本質は自然、超自然のエネルギーそのものとも言えるでしょう。 九鬼祭(くかみまつり)は、このような背景から生まれたオリジナル・ストーリー『九鬼物語』をベースにした地域協創型の芸術祭として開催されます。詩人・谷川俊太郎氏は企画の構想段階から関わり、「鬼」に扮する9名のアーティストに言葉を託します。そして、これらの「鬼」たちは、洞川で生活を営む地域の方々と協力し、滞在制作を経て生み出された作品を発表します。そして九鬼祭終了後も、今回制作された作品たちは洞川に息づき続けます。 本企画は、2021年の「MIND TRAIL 奥大和 心のなかの美術館」天川村エリアに参加したアーティストたちが洞川に魅了され、洞川の人々との関わりを持ち続ける手段として九鬼祭を構想し、自主企画として着想しました。そして、九鬼たちと洞川の人々が繰り広げるお祭りが、新たな伝統となり、洞川文化の伝承に貢献し、洞川エリアの観光促進に寄与できることを願っています。

会期:2023年9月16日(土)~11月12日(日)

会場:洞川温泉街(奈良県吉野郡天川村洞川)

入場:無料

 

プロデューサー:谷川俊太郎

アーティスト : 上野千蔵、覚 和歌子、金子未弥、菊池宏子、木村充伯、国本泰英、菅野麻依子、林敬庸、山田悠(50音順)

キュレーション/企画構想:谷川俊太郎、覚 和歌子、菊池宏子

洞川コミュニティ相談役:赤井正人

主催:九鬼祭実行委員会、大峯山洞川温泉観光協会

協力:天川村、洞川区、洞川財産区

協賛:奥大和ガストロノミーツーリズムin洞川

*九鬼祭は「MIND TRAIL 奥大和 心の中の美術館 2023」の連携イベントです

 

お問い合わせ:kukamimatsuri@gmail.com

bottom of page