top of page
彫刻家
木村充伯
KIMURA Mitsunori
  • Instagram
05_木村充伯_edited.png

ステートメント

「人と動物の関係」をテーマに、環境とその動物観、人間や他の哺乳類、祖先や子孫のような生死をつなぐものに焦点を当てた作品を制作。 近年は動物や人の「発毛」 という状態を再現するために、「毛が生えるパネル」を開発して、哺乳類の毛を作っている。

プロフィール

1983 静岡県生まれ

2007 名古屋造形芸術大学大学院環境造形研究修了

現在、静岡県 在住

 

個展

2023 「空気」ケンジタキギャラリー(名古屋)

2022 「大丈夫、あなたを見ている人がいる」ケンジタキギャラリー(東京)

 

グループ展

2022 「越後妻有 大地の芸術祭2022 『里山アートどうぶつ園ーどうぶつたちのソーシャルディスタンス』」ナカゴグリーンパーク、新潟

2021 「現代美術のポジション2021-2022」名古屋市美術館(名古屋)

2020 「JP POP UNDERGROUND」心斎橋PARCO 14F(大阪)

2020 「チャンウォン彫刻ビエンナーレ2020」ソンサンアートホール(昌原/韓国)

2019 「アイチアートクロニクル1919-2019」愛知県美術館(名古屋) 

2017 「リヨン・ビエンナーレ2017『Rendez-vous』」Institut d'art contemporain(ヴィルールバンヌ/フランス)

MitsunoriKimura_02.jpg

呼吸

2020

ひもに油絵具

​「呼吸」ケンジタキギャラリー名古屋での展示風景、2020

MitsunoriKimura_01.jpg

大丈夫、あなたを見ている人がいる(キリン)

2021

ヒノキ、アクリル

​撮影:福岡栄

MitsunoriKimura_03.jpg

大丈夫、あなたを見ている人がいる

2022

​毛が生えるパネル(ヒノキ)、アクリル、透明樹脂

bottom of page